北海道臨床教育学会 運営体制

北海道臨床教育学会 第5期 1年目の運営体制 

<理事会>

会 長  畠山貴代志(北海学園札幌高等学校)

副会長  庄井良信(北海道教育大学)

副会長  池田考司(北海道教育大学)

副会長  中根照子(釧路市立中央小学校)

理 事  守屋 淳(北海道大学)

理 事  間宮正幸(共育の森学園)

理 事  井上大樹(札幌学院大学)

理 事  黒谷和志(北海道教育大学)

理 事  戸田竜也(北海道教育大学)


<監査>

監 査  山本 純(札幌学院大学)

監 査  玉井康之(北海道教育大学)


<事務局>

事務局長  畠山貴代志(兼務)

事務局次長 正武家重治(札幌市立石山東小学校)

 

役員選挙規程(PDF)
 

北海道臨床教育学会具体的運営方針 (2018年7月~5期1年目)

■具体的方針1:会長、副会長、事務局長で常任理事会を組織する。記録を事務局次長が行う。事務局長、事務局次長および副会長の役割を明確にしていく。

■具体的方針2:北海道の現場目線を大切にした学会活動を行う。

■具体的方針3:現場に積極的に働きかける学会活動を目指していく。

■具体的方針4:若手の発掘・育成と理事の若返りについて具体的な方法を検討していく。

■具体的方針5:紀要編集について、内容、時期、支出等を検討していく。

■具体的方針6:ホームページ、ニューズレターなどを含めた広報活動や新会員募集の取組を積極的に行う。

■具体的方針7:身の丈に合った無理をしない学会活動を行う。

■具体的方針8:理事会においては原案提示をし、目と目を合わせて建設的な意見交流を行う。

■具体的方針9:この2年間は札幌近郊での研究大会を行う。